今知っておきたい遺産相続How Toサイト

相続をした際には

遺産相続をした時に工夫する事

社会的な配慮から、相続税の課税対象とならない財産があります。まず一つには生命保険の一定額で500万円掛ける法定相続人数になります。保険金を受け取った場合は必ず相続税の課税対象になるかとは、そうではないケースがあります。相続税の計算をする時に課税対象となる契約の形態で、被相続人の死亡によって受け取った保険金や損害保険の死亡保険金の額には非課税で計算されるものがあります。 法定相続人数で相続税を計算する際には、相続税法上の法定相続人の数には民法とは異なる取り扱いがあります。具体的には、相続を放棄した者がいる場合は、その放棄はなかったものとした場合の相続人の数を法定相続人の数とします。放棄をすると、法律上は最初から相続人ではないものとする訳ですから、民法上の考えでは、残された人数で計算されます。しかし税法上では養子をとる事で、養子と実子は法律上は同じ地位になりますから、相続には増やす事で計算する事が出来るので相続税を減らす事も出来るメリットがあります。

相続税の非課税対策の現在の取り組み

相続税の税金の計算で現在では養子に入れられるのは、最高でも2人までとされています。実の子供がいない場合でも最高で2人までしか税金の計算には入れてはいけなくなっています。養子自体はいくらとってもかまいません、養子が何人いても、その人たちは相続をする権利は持っています。 税金の計算をする時の非課税額の人数としてカウントしてはいけない事になっています。実子がいる場合は一人だけしかカウント出来ない、また実子がいない場合では2人までしかカウントする事が出来ないのが現在の法律の取り組みになっています。他には養子の中でも特別養子縁組というのがあります、実の親との親子関係を切った場合は実施として考える事が出来ます。これには人数制限がありません、また配偶者の実子で被相続人の養子となった者は養子縁組をする事で法律上認められるようになりました。