今知っておきたい遺産相続How Toサイト

専門分野で

知っておくと良いこと

 法律の専門家である弁護士は、私人の法的紛争の解決に一役買う存在です。ただし、弁護士はすべての法律ジャンルに詳しいわけではありません。それぞれ得意とする分野があります。法律と言っても分野が広く、すべてに対応することが困難だからです。大きな括りでは、民事系、刑事系、公法系と分けることができますが、そのなかには専門知識を必要とする分野がひしめき合っているのです。たとえば、民事でも交通事故に基づく損害賠償請求もあれば、離婚裁判もあります。公法でも、税金に関する訴訟もあれば、土地収用に関する紛争もあります。これらをすべてこなせる者は、法律の専門家である弁護士といえどもいないと言って良いでしょう。弁護士に依頼する場合、そのことを知っておくべきです。

依頼するために工夫すること

 先ほど述べた理由のため、弁護士には得意ジャンルがあり、医者のように専門家が進んでいます。したがって、自分が依頼したい法律問題に詳しい者に依頼することが必要になって来ます。そこで、弁護士に依頼するにあたって、予め得意分野を調べておく必要があります。今では、弁護士事務所もホームページを持っていることが一般的ですから、そこで確認することが一番手っ取り場合方法です。また、ホームページにはその人の経歴や、実績についても紹介されており、依頼するにあたっての有益な情報も得られます。  その他、大手の事務所であれば、自分に合った弁護士が見つかる確率も上がります。大手事務所には、弁護士が多数在籍しており、依頼内容ごとに最適な人材を配置しているので、自分で探す手間が省けるからです。ただし、大手事務所は報酬額も一般に高くなるので、デメリットもあることには注意が必要です。